豆からコーヒーになるまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_017

豆からコーヒーになるまでの流れは下図のようになります。ここでは、コーヒー豆の生産から、精製、焙煎され、コーヒーになるまでを流れに沿ってコーヒーの基礎知識として整理しています。

flow コーヒー豆の生産

コーヒー豆の精製

コーヒー豆の焙煎

コーヒー豆の挽き具合

コーヒーの抽出
おいしいコーヒーの淹れ方へ


豆からコーヒーになるまで(要約)

コーヒーは、赤道をはさんだ北緯25度と南緯25度の間(コーヒーベルト)の約70カ国で生産されています。
その生産は、コーヒー農園でコーヒーの木の栽培と果実の収穫が行われます。さらにそのまま、生豆(なままめ、きまめ:生のコーヒー豆のこと)を取り出すコーヒー豆の精製と呼ばれる加工作業までが、コーヒー農園で行われることが多いようです。
コーヒー豆の生産

精製された生豆は、選別・等級付けされてから消費国に輸出されます。
コーヒー豆の精製

生豆は消費地においてコーヒー独特の香味を生み出すために焙煎され、場合によっては、消費される場所に住む人の好みに合わせて、複数の焙煎豆を混ぜてブレンドされます。
コーヒー豆の焙煎

その後、粉砕(グラインド)により細かい粉状にされてから、水や湯で抽出されて、飲用に供されるコーヒーが出来上がりです。
おいしいコーヒーの淹れ方へ

このように、コーヒーは多くの人の手に渡り、多くの手間をかけて、皆様の食卓や喫茶店、カフェなどで、多くの人に安らぎを与える飲み物となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録


コーヒー好きのあなたに、コーヒー専門サイト@コーヒー事典から、お得な情報を送らせて頂きます。ぜひご登録ください。

無料登録

SNSでもご購読できます。