コーヒー豆の挽き具合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーを淹れるためには、まず、コーヒー豆を挽いて粒状にしなければいけません。この作業をグラインドといい、コーヒー豆を挽く為の器具をコーヒーミルといいます。

コーヒーの挽き具合は、挽いた豆の粒の大きさ(粒度)により呼び方が変わります。

その基本的な分類は、大きく分けて3分類(細挽き、中挽き、あら挽き)ですが、最近では、エスプレッソを淹れる際に使用する「極細挽き」や、「あら挽き」と「中挽き」の間の「中あら挽き」などがあります。

[関連記事] コーヒーミルを購入する(手動) 、 コーヒーミルを購入する(電動)


なぜ挽き具合が違うの?

このように同じコーヒを淹れるのでも、なぜ異なる挽き具合があるのか?

それは、コーヒーを淹れる為の器具の特長によって、適した豆の挽き具合があるからで、その器具にあった挽き具合を選ばないと、豆の香りや味などの特徴が活かせないからです。

豆を挽くタイミングは?

挽いた豆は、湿気などを吸い酸化しやすく、風味の悪化が早くなってしまいます。
このことからも、豆を挽くのは飲みたい時に飲みたい量だけ挽くのが一番です。
豆の挽き具合およびその特徴を下表に整理しましたので、参考にしてください。

挽き具合

←細          荒→

極細挽き

細挽き

中挽き

中あら挽き

あら挽き

[関連記事]

マキネッタで淹れる

エスプレッソマシンで淹れる

ミルの種類(手動)

ミルの種類(電動)

[コーヒー用語辞典]

マキネッタ

エスプレッソマシン

極細挽き

【適した抽出器具】

エスプレッソメーカー、マキネッタ

【特徴】

白糖程度の大きさの粒。

濃厚なコーヒー(エスプレッソ)を抽出するのに最適

極細挽き

[関連記事]

マキネッタでの淹れ方

エスプレッソマシンでの淹れ方

エスプレッソメーカーの種類

[コーヒー用語辞典]

マキネッタ

エスプレッソマシン

細挽き

【適した抽出器具】

ペーパードリップ、サイフォン

【特徴】

グラニュー糖程度の大きさの粒。

濃厚なコーヒーを抽出するのに最適

細挽き

[関連記事]

ペーパードリップでの淹れ方

サイフォンでの淹れ方

ドリッパーの種類

サイフォンの種類

[コーヒー用語辞典]

ネルドリップ

コーヒーメーカー

中挽き

【適した抽出器具】

ペーパー・ドルップ、ネルドリップ、コーヒーメーカー

【特徴】

ザラメ糖とグラニュー糖の中間程度の大きさ。

最も一般的な挽き具合

中挽き

[関連記事]

ペーパードリップでの淹れ方

ネルドリップでの淹れ方

コーヒーメーカーの種類

[コーヒー用語辞典]
ネルドリップ
コーヒーメーカー

中あら挽き

【適した抽出器具】

ペーパードリップ、ネルドリップ

【特徴】

ザラメ糖よりも少し小さめ。

深入り焙煎の豆を抽出するのに最適

中あら挽き

[関連記事]

ペーパードリップでの淹れ方

ネルドリップでの淹れ方

ドリッパーの種類

[コーヒー用語辞典]

ペーパードリップ

ネルドリップ

あら挽き

【適した抽出器具】

パーコレーター

【特徴】

ザラメ糖程度の大きさ。

パーコレーターなどのお湯で直接煮出して抽出する方法に最適

あら挽き

[関連記事]

[コーヒー用語辞典]

パーコレーター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

準備中

無料登録

SNSでもご購読できます。