コーヒー豆の保存方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーの風味は、直射日光、高温・多湿、酸素などによって損なわれます。

缶入りのものならば蓋をしっかりと閉めて、袋入りのものなら空気が入らないように口をしっかりと閉じ、また挽き売りで買ったコーヒー豆であれば、より一層密封性の高い容器に移し変えるなどしてから、冷暗所か冷蔵庫の中で保存するのが良いでしょう。

さらに、コーヒーは吸香性が高いので、香りの強いものや香辛料などと一緒に保存して臭いが移らないように気をつけましょう。

管理人のオススメは、一般家庭では、豆の状態で購入した場合は豆のまま保存し、飲みたいときに飲みたい分だけ挽くようにするのが良いと思います。

[関連記事]  コーヒーの保存容器の紹介コーヒー豆の挽き具合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

準備中

無料登録

SNSでもご購読できます。