リベリカ種


アフリカのリベリアを原産地とする品種で、栽培の歴史はアラビカ種より新しい。リベリア、スリナム、ガイアナなどで栽培され、香味はアラビカ種に比べると劣り、苦味が強いヨーロッパ向けに少量輸出がされているが、日本ではほとんどなじみがない。

[関連記事] コーヒー豆の三大原種の特徴

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る