インスタントコーヒー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1899年に日本人化学者加藤博士によって発明された。

1901年の全米博覧会で発売したのが始まり。特に第二次世界大戦後、急速に普及した。 製造原理を簡単にいえば、コーヒー原液から水分を除いて固体(粉末または顆粒状)化したもので、湯を加えると溶解し、再び液体のコーヒーになる。

製法は、噴霧乾燥法のスプレードライと凍結乾燥法のフリーズドライに大別される。これを飲むと胸焼けがしたりする人もいる。ソリュブルコーヒーとも言う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

準備中

無料登録

SNSでもご購読できます。