リベリカ種


ロブスタ種よりも低地で平地での栽培に適しています。

生育旺盛で環境適応性が十分あり根が深いと言う事もあり雨の少なさにも強く、害虫病にも強いのですが、除去作業に手間がかかり収穫も長い年月を必要としているため、あまり人気の無い品種です。

世界のコーヒー全生産量の約1%程度の生産量となっています。味、香り共にアラビカ種より劣っているとの評価です。

▲このページのTOPへ