二日酔いとコーヒーの関係(二日酔解消促進)


二日酔いというのは、アルコールがアセトアルデヒドという代謝物に変わってからもなかなか酸化せずに神経を刺激しつづけることで起こるものです。

アセトアルデヒドは、コーヒーに含まれるカフェインで炭酸と水に分解できるものなのです。

カフェインによりは、肝臓や腎臓の動きを活発にし、このアセトアルデヒドを早く分解し、二日酔いが比較的早く解消されるようになります。また利尿作用が分解した老廃物を速やかに排泄してくれます。だからといってお酒の飲み過ぎにはくれぐれもご注意を!

“コーヒーと健康”のTOPへ戻る

▲このページのTOPへ