コーヒー豆の焙煎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焙煎(ロースト)とは、生豆を火力により煎じることにより、コーヒー独特の色(セピア)、芳香(アロマ)、風味(テイスト)を作り出す作業であり、美味しくコーヒーを楽しむ為には、目的にあった焙煎(ロースト)を行うことが必要になります。

通常コーヒーの味の8-9割は、この焙煎で決まってしまうと言われるほど重要な工程なのです。

焙煎の度合いは8段階に分けることができ、浅いほうから「ライトロースト」、「シナモンロースト」、「ミディアムロースト」、「ハイロースト」、「シティロースト」、「フルシティロースト」、「フレンチロースト」、「イタリアンロースト」と呼ばれています。

これらの焙煎度合いと特徴は、以下に示したとおりです。


煎り度合 カフェイン 段階 詳細
浅い


深い

多い


少い

酸味


苦味

ライトロースト

詳細

シナモンロースト

詳細

ミディアムロースト

詳細

ハイロースト

詳細

シティロースト

詳細

フルシティロースト

詳細

フレンチロースト

詳細

イタリアンロースト

詳細

ライトロースト

【適した淹れ方】 : 官能試験用

【外見の特徴】 : 黄色がかった小麦色

【味の特徴】

少々生臭い香りがし、コクが感じられないため一般に飲まれることはほとんどない。

ライトロースト

シナモンロースト

【適した淹れ方】 : ブラックコーヒー

【外見の特徴】  : シナモン色

【特徴】

ポピュラーな浅煎りで、強い酸味とこうばしい香りが楽しめ、ブルーマウンテンのような高品質の豆であるほど、切れのある酸味が味わえます。

シナモンロースト

ミディアムロースト

【適した淹れ方】 : アメリカンコーヒー

【外見の特徴】  : 茶褐色

【特徴】

まろやかな酸味に加え、コーヒーらしい香りと苦味が楽しめる。

ミディアムロースト

ハイロースト

【適した淹れ方】 : レギュラーコーヒー

【外見の特徴】  : やや濃い茶褐色

【特徴】

酸味に程よく調和した苦みが出てくるようなバランスの取れたコーヒーが味わえる。

ハイロースト

シティロースト

【適した淹れ方】 : レギュラーコーヒー

【外見の特徴】  : 深褐色

【特徴】

喫茶店や家庭などで最も需要の多いロースト。酸味より苦みが強く、やや焦げ臭い。

シティロースト

フルシティロースト

【適した淹れ方】 : アイスコーヒー

【外見の特徴】  : やや黒色

【特徴】

酸味がなくなり、焦げ臭さも強くなる。炭火焼コーヒーと同じ程度の焙煎度。

フルシティロースト

フレンチロースト

【適した淹れ方】 : カフェオレ等のミルクを使うアレンジコーヒー

【外見の特徴】  : 黒色に近い

【特徴】

苦みがかなり強く、豆色は少し黒味を帯びてくる。

フレンチロースト

イタリアンロースト

【適した淹れ方】 : エスプレッソ

【外見の特徴】  : ほとんど黒色

【特徴】

苦味が相当強く、好きな人は苦味を味わえるロースト。豆の表面に油脂成分が浮いてくる。

イタリアンロースト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

準備中

無料登録

SNSでもご購読できます。